街宣活動の自由を考えるシンポジウムのお知らせ2011/11/26 07:24

川口学園事件を考える会では、以下のようなシンポジウムを企画しました。今回の事件を含め、街頭宣伝活動の自由とそれに対する攻撃、現状について4人のパネラーから報告していただき、議論したいと思います。労働組合や関係者だけでなく、公道での意思表示や表現の自由一般について関心をお持ちの方にも参加を呼びかけます。

***

街宣活動の自由を考えるシンポジウム

2011年12月10日(土)13時~17時
明治大学リバティタワー6F1065教室
入場無料

労働組合と解雇当事者が争議解決を呼びかけた学園前宣伝活動が、2011 年3月、裁判所から「営業妨害」として禁止仮処分対象となった「川口学園事件」。公道での短時間のハンドマイク宣伝がなぜ禁止対象なのか?企業の営業の自由はそれほど絶対的なのか?事件を振り返り、団体行動権だけでなく表現の自由までも脅かされている現状に警鐘を鳴らします。

主催:川口学園事件を考える会
協賛:マスコミ文化情報労組会議(MIC)

パネリスト:
北  健一 ジャーナリスト
佐藤 昭夫 早稲田大学名誉教授・弁護士
松井 繁明 元自由法曹団団長・弁護士
松村比奈子 川口学園事件を考える会会長・法学博士(憲法学)

(次第)
1.あいさつ   1:00~1:05
2.パネリスト報告 1:05~3:10
2-1:企業による最近の言論弾圧事件とその背景(北 健一) 25分
2-2:街宣活動と仮処分の戦後史(松井 繁明) 25分       
(10分休憩)
2-3:川口学園事件(街宣活動禁止請求事件)にみる裁判所の仮処分決定理由と表現の自由(松村 比奈子) 25分
2-4:労働法における街宣活動の意義と法理(佐藤 昭夫) 40分 
(10分休憩)
3.パネルディスカッション(会場との質疑も含めて) 3:20~4:55
4.まとめ 4:55~5:00

東京科学シンポジウムのお知らせ2011/11/27 09:44

今週の土曜日・日曜日、日本科学者会議東京支部主催による第16回東京科学シンポジウムが池袋の立教大学で行われます。
私も3日の午後、分科会で報告します。

***

第16回東京科学シンポジウム

テーマ: 理性と希望の平和な時代を拓く ―科学の成果を正しく生かし、3.11 をくり返さない―
開催日時:2011年12月3日(土)~4日(日)
開催場所:立教大学(池袋キャンパス)
主 催:日本科学者会議東京支部


【13】分科会名:研究・教育現場における権利侵害の強まり
―権利侵害110 番委員会創設の意義 12 月3 日13:30~17:30 (X201 室)
設置責任者:衣川 清子(東京支部)
設置趣旨:最高裁での日の丸・君が代裁判での教員側敗訴、大阪維新の会による大阪府議会への条例案提出とその可決、戦争賛美・反省皆無の新しい教科書の導入策動の強まりなど、研究・教育現場への露骨な政治介入が強まり、それと合わせてさまざまな権利侵害が多発している。そのような情勢を背景として、先の日本科学者会議東京支部第45 回支部大会では、特別決議「研究者・教育者の権利侵害110 番委員会の新設について」を満場一致採決した。本分科会はこの特別決議の実践の重要な節目をつくることを意図するものであり、さまざまな分野で権利侵害に抗し、専門性や人間性を擁護してたたかうものの勇気と力を高め合う交流の場としたい。
(1)田中 直(東京私大教連副中央執行委員長):私立大学教員の身分の不安定化と権利侵害
(2)今井 拓(首都圏大学非常勤講師組合執行委員、明治大学・日本大学等非常勤講師):
大学における非常勤講師に対する権利侵害とその特徴
-担当科目の一方的差別的配当減(コマ減)事件を中心に-
(3)衣川清子(埼玉女子短大解雇争議・川口学園事件当事者):個人への権利侵害は市民的自由侵害への第一歩
-「組合活動差し止め裁判」へと発展した解雇争議-
(4)疋田哲也(私立中高校講師・東京支部個人会員):最高裁判所の杜撰な判決が作り出した追放手続きMJ マニュアル
-理不尽な扱いに苦しむ善人教師たちの為に、泣き寝入りはしない-
(5)根津公子(元東京都公立学校教員):
「君が代」不起立処分に抗して
-自分の頭で考える子どもに育つことを願って-
(6)長田好弘(東京支部):寄稿 「研究者・教育者の権利侵害110 番委員会」は何をすべきか