裁判日程2011/08/19 12:03

しばらく更新していませんでしたが、前回の宣伝後、学園から仮処分申立の裁判があり、この裁判が本裁判となって現在、東京地裁民事50部に係属しています。次の口頭弁論日程は

9月6日(火)13:45~ 631号法廷

争点は①組合による団交申入れが違法か
②組合と私による去年から今年にかけて計5回の学園前および短大最寄り駅での宣伝が違法か
というものです。
「すべて違法だ」という学園側の主張に対する反論を今回提出します。

仮処分は本裁判に比べて簡略なものなので、労働問題なのに労働法の視点のない判断が行われ、現在組合が団交申入れできず、今年じゅうは宣伝も禁止ということになっています。

仮処分事件の問題について、『週刊金曜日』や東京都労働委員会労働者委員のブログが取り上げています。
『週刊金曜日』金曜アンテナ
http://www.kinyobi.co.jp/backnum/antenna/antenna_kiji.php?no=2115
水谷研次氏のブログ
http://53317837.at.webry.info/201106/article_13.html

シゴトモ鈴木さんおめでとう2011/08/20 08:19

少し前になりますが、三菱ふそう派遣切り裁判で、原告側の勝利和解が成立しました。おめでとうございます。
http://www.seinen-u.org/haken-kaiko.html

原告の一人、鈴木重光さんは、なんでも屋事業「シゴトモ」を運営されています。その仕事ぶりはNHKテレビで紹介されたこともあります。

私が鈴木さんを知ることになったきっかけは組合事務所に置いてあったシゴトモのチラシです。何よりも「若者に雇用を創出する」という心意気に感じ入りました。そこで、昨年末、埼玉女子短大の研究室の荷物を搬出することになったとき、その仕事をお願いしようと思ったのがシゴトモでした。

残念ながら搬出は諸事情で実現しませんでした(現在も、解雇のきっかけの一つになった「お菓子箱」はじめ、荷物は置かれたままです)。争議が解決したら、遅れてしまいましたが、搬出作業はできればシゴトモにお願いしたいと思っています。

仮処分決定に対する抗議声明2011/08/21 17:23

これも前のことになりますが、仮処分決定が出た際に組合と弁護団と私が連名で出した抗議声明です。首都圏大学非常勤講師組合のホームページに掲載された機関紙『控室』78号の最終ページで読むことができます。
http://f47.aaa.livedoor.jp/~hijokin/hikaeshitsu/anteroom0078.pdf

抗議声明

債務者: 東京公務公共一般労働組合、首都圏大学非常勤講師組合、衣川清子
弁護団

 東京地方裁判所民事9 部は債権者 学校法人川口学園から申し立てられていた面談強要等禁止仮処分申立に対し、3 月10 日、いっさい理由を示さずに債務者らに対して以下のような命令を行うきわめて不当な決定を発した。

債務者らは、自ら次の行為をしてはならず、または所属組合員、支援者等の第三者をして次の行為を行わしめてはならない。
(1)債権者の役員および従業員に対し、架電し、または面会を求めるなどの方法で債権者の役員及び従業員に直接交渉することを強要すること
(2)本決定送達後平成23 年4 月8 日までの間、別紙禁止対象地目録記載1,2の各所在地から半径200 メートル以内の地域(別紙図面1,2 のそれぞれ黒色の円の範囲内)において、徘徊または滞留し、横断幕・組合旗を掲げ、立看板を立て、ビラをまき、拡声器を使用し、または大声をあげるなどして演説をし、シュプレヒコールをするなど、債権者の行う業務の平穏を害する一切の行為

 最高裁の決定は解雇有効のみを確定するに過ぎず、その後の裁判外での交渉や和解に向けての話し合いを禁止していないにもかかわらず、本件は最高裁での解雇有効判断確定後の争議行為継続、とりわけ所属組合からの団体交渉の申し入れが「強要」となり、および一般に組合や争議団が行う社前での宣伝行動について、事実上これをす
べて禁止できると宣言したに等しい。

審尋の中で債務者側は、債権者からの求めに応じて平成23 年4 月8 日までの街頭宣伝行為を停止すること、最高裁での解雇有効確定以前から債務者らと債権者との間で団体交渉が行われ、争議解決に向けて話し合いが行われていたこと、これまでの5回の街頭宣伝の実施態様が債権者の業務に支障がないよう最大限の配慮を持って行われていたことを立証したが、こうした点に顧慮することなく、理由も示さず、債務者らの将来にわたっての行動を禁止する決定が出たことはとうてい納得できる事態ではない。

 本決定は、あたかも解雇有効との最高裁決定があれば、労働者や組合は解雇をめぐるいっさいの争議を停止しなければならないと命じるものであり、労働者や組合の権利を奪う憲法違反のものである。わたしたちは、ただちに保全異議を行うとともに、今回の決定に対し強く抗議するものである。(2011 年3 月14 日)

研究室のマスコット2011/08/22 09:00

ダチョウのジャクソン
私の研究室に来たことがある卒業生ならみんな知っている、アメリカから来たダチョウの「ジャクソン」です。Gundという会社の製品で、もう一体、全身ピンク色でまつげが長い(今風に言うと、「目ヂカラがものすごい」)「ジャクリーン」と一緒に、今もテレビの上に並んで腰掛けているはずです。

お菓子箱から1 紅いもタルト2011/08/25 09:19

紅いもタルト
そもそもの解雇理由の一つだった「お菓子配布」。研究室のテーブルの真ん中にあったお菓子箱(コーヒーの詰め合わせが入っていた30センチ四方くらいの黒い箱です)には確かにいつもたくさんのお菓子が入っていて、研究室を訪問した学生たちとの会話のきっかけを作る「小道具」の役割を果たしていました。お菓子箱の中で人気の高かったものを紹介します。

紅いもタルト

沖縄名産ですが、沖縄みやげではなくてたまたま地元の西友で全国お菓子フェアをやっていたときに見つけた品です。やわらかいタルトのお皿にのった紅いもあんの甘すぎない上品さが受けていました。

気に入ったので、その後探していたところ、銀座のプランタン並びにある沖縄県のアンテナショップ「わしたショップ」を見つけました。紅いもタルトのほかにも県産品がそろっています。
http://www.washita.co.jp/info/shop/ginza/index.html